新築の家

注文住宅の契約解除には違約金が発生する?

手に家のミニチュアを持つ人

お店などで購入した商品を、何らかの理由で返品することがあります。それは意外とたやすく店の人も受け入れてくれることが多いです。では、注文住宅では契約後にキャンセルなどできるのでしょうか。結論から言うとキャンセル自体は可能です。ですが、住宅を一つ建てるという行為にはたくさんの人間が絡んでいることを忘れてはいけません。
その為、住宅のキャンセルには色々大変なことがあるのです。なぜならば、キャンセルによって違約金が発生したり、トラブルに発展することも考えられるからです。どのようなことが考えられるのでしょうか。

まずは、契約直後にキャンセルした場合から説明します。契約直後ですからまだ建物には手はつけられていない状態と考えられます。ですが図面の作成等や様々な発注作業が発生していることが考えられるのです。つまり契約直後であっても、それらの作業に要した人件費等を請求されることがあるのです。ただし、このような作業が全く行われていない場合には、損害金などはない場合もあります。

上記のような場合にはまだ損害金が発生するかどうか微妙なラインと言えます。では、次の場合はどうでしょうか。それは住宅会社がすでに下請けの業者等と契約を結んだあとの解除の場合です。注文住宅を建てるためには、住宅会社は様々な下請け会社を利用します。それらの下請けと住宅会社との契約が住んでしまった後に契約解除となると、違約金等を請求される可能性が一気に高まります。ここまでくるととうとう数の人を巻き込むので、違約金は逃れられないと考えたほうがよいかもしれません。
ちなみに違約金はいくらくらいになるのでしょうか。注文住宅の契約解除の違約金は住宅建設費用の約10パーセント以内であると考えたほうがよいでしょう。例えば2000万円の住宅建設であれば、200万円以内と考えられます。たくさんの下請け会社等の人間を巻き込むほど、違約金は避けられなくなると考えておきましょう。

さて、注文住宅でもクーリングオフが出来る事もあるのです。クーリングオフであれば、違約金が発生しません。ですが注文住宅のクーリングオフでは、以下のような条件があります。
一つ目は、契約書の交付を受けた日から8日以内に書面でのクーリングオフの通知を行うこと、そして二つ目は営業所など以外での契約である事に加え、自ら自宅や勤務先などに、住宅会社の営業マンを呼び出していないこと、の3つが条件になることを覚えておきましょう。

関連記事
noimg
鉄筋コンクリート住宅のメリット・デメリット

住宅にはそれぞれ使用される材料が複数あります。木造や鉄骨、鉄筋コンクリートなどで建物は作られます。一般的な住宅であれば、古くから木造が多く、...

記事を読む

noimg
注文住宅の打ち合わせ!流れ・期間・注意点

注文住宅を建てる場合には打ち合わせが必ず必要になります。なにせ一生で一番高い買い物ですから、適当にハウスメーカーにお任せするわけにはいきませ...

記事を読む

新築の設計書と電卓
注文住宅では値引き交渉は可能?!

注文住宅を建てるのは人生で一度きりです。お金持ちであれば投資用不動産等を購入して、何回か建設することもあるかもしれません。ですが一般的な人で...

記事を読む

noimg
屋根にはいくつも種類がある!選ぶ際のポイントとは

普段は家の屋根を意識することはないでしょう。他人の家を観察することはあっても、屋根まで目が届かないからです。外壁等は目に留まりますが、3階建...

記事を読む

noimg
家の外壁選び【後悔しないためにも】

前述の通り、家の屋根はとても大切ですが、家の前を通る人からはあまり目につかないという特徴がありますが、外壁は違います。これは大変目に付く箇所...

記事を読む

noimg
注文住宅の予算を決定する資金計画の立て方

注文住宅を建設するうえで、最も気になることの一つである資金計画ですが、どのようにすればよいのでしょうか。住宅は一生のうちにいくつも建てるわけ...

記事を読む

新築の家
ローコスト住宅とは?メリット・デメリットなど解説

ややくどいかもしれませんが、マイホームは人生で一番高い買い物です。出来るだけローコストで建てたいという思いを抱く人は多いかもしれません。その...

記事を読む