新築の家

注文住宅の予算を決定する資金計画の立て方

注文住宅を建設するうえで、最も気になることの一つである資金計画ですが、どのようにすればよいのでしょうか。住宅は一生のうちにいくつも建てるわけではありませんから、未経験の人がほとんどです。だいたい察しが付くことと言えば、年収から無理のない返済計画をすることくらいでしょう。どのくらいまで借りることが出来るのか、借りた場合には何年かけて返済すればよいのか、などが気になるところです。

まず注文住宅を現金で購入できる人はほとんどいないでしょう。銀行の借入金を利用することが一般的です。しかし、全額を借りるのではなく、頭金を2割から3割入れて残りを借りるというのがパターンの一つです。出来ることなら、あまり借金はしたくないという人も多いことでしょう。もし仮に土地をすでに所有しているのであれば、建物の建設費用やその諸費用だけで済むので、かなり返済も楽になります。土地のあるなしで家の新築で発生する、資金計画や総予算は大きくわかるのです。では土地から購入した場合を考えて、家を建設した場合の予算の建て方を考察します。

第1に自分の年収や貯金額から総予算を決めて、第2に土地や建物の配分を考えます。そして第3に頭金や諸費用の現金を確保しておきます。まず自分の年収から考えて、どの程度までの家に金をかけられるのかを考えます。くれぐれも自分の身の丈を超えるような家を購入して、借入金で家計が苦しくなるようなことは避けなければなりません。そして土地代と建物代も考えなければなりません。前述のように土地があれば土地代はかかりませんが、土地を購入する場合には建物代と両方掛かります。費用を浮かせたい場合には、出来るだけ安い土地を購入する必要があります。その為には土地代と建物代を把握しておく必要があります。そして頭金や諸費用をすでに手元に確保しておくことは大事です。頭金なしでも購入できることもありますが、キャッシュフローを円滑にするためには、ある程度の頭金を入れたほうが安心です。諸費用は引っ越し費用やその他の手数料などのことです。

このようにある程度は手元に現金を置いておく必要があります。2000万円の家を建てるのであれば、200から400万円くらいは、手元の自己資金があれば、安心して事を起こすことが出来るようになります。手元に現金がない状態で始めると、想像しなかったような出費があった場合に、あたふたすることになりかねません。

関連記事
新築の家
ローコスト住宅とは?メリット・デメリットなど解説

ややくどいかもしれませんが、マイホームは人生で一番高い買い物です。出来るだけローコストで建てたいという思いを抱く人は多いかもしれません。その...

記事を読む

新築の設計書と電卓
注文住宅では値引き交渉は可能?!

注文住宅を建てるのは人生で一度きりです。お金持ちであれば投資用不動産等を購入して、何回か建設することもあるかもしれません。ですが一般的な人で...

記事を読む

noimg
注文住宅の打ち合わせ!流れ・期間・注意点

注文住宅を建てる場合には打ち合わせが必ず必要になります。なにせ一生で一番高い買い物ですから、適当にハウスメーカーにお任せするわけにはいきませ...

記事を読む

noimg
家の外壁選び【後悔しないためにも】

前述の通り、家の屋根はとても大切ですが、家の前を通る人からはあまり目につかないという特徴がありますが、外壁は違います。これは大変目に付く箇所...

記事を読む

noimg
鉄筋コンクリート住宅のメリット・デメリット

住宅にはそれぞれ使用される材料が複数あります。木造や鉄骨、鉄筋コンクリートなどで建物は作られます。一般的な住宅であれば、古くから木造が多く、...

記事を読む

手に家のミニチュアを持つ人
注文住宅の契約解除には違約金が発生する?

お店などで購入した商品を、何らかの理由で返品することがあります。それは意外とたやすく店の人も受け入れてくれることが多いです。では、注文住宅で...

記事を読む

noimg
屋根にはいくつも種類がある!選ぶ際のポイントとは

普段は家の屋根を意識することはないでしょう。他人の家を観察することはあっても、屋根まで目が届かないからです。外壁等は目に留まりますが、3階建...

記事を読む