新築の家

家の外壁選び【後悔しないためにも】

前述の通り、家の屋根はとても大切ですが、家の前を通る人からはあまり目につかないという特徴がありますが、外壁は違います。これは大変目に付く箇所であり、汚れなどもすぐに人目に付きます。外壁選びは屋根選びと同様重要な作業です。それは目につきやすいということ以外にも、家の機能にもかかわる重要な部分だからです。外壁には防水性や断熱性、遮音性や耐火性などのさまざまな機能を持っています。大きく分けて6種類の外壁材があります。

まずは窯業系サイディングです。これは木造住宅のおよそ7割程度が使用しています。特徴としてはデザインが豊富であり、様々なバリエーションがあります。次が金属サイディングです。機能性が優れており、吸水性も高く断熱性にも優れています。次に紹介するのがALCです。断熱性に優れており、定期的にメンテナンスをすると、長持ちする素材です。タイルも立派な外壁の一つです。タイルは高級感があり、デザインも存在感があるのが特徴です。ただし金額が高額になることもあります。高級住宅地ではありがちな外壁ではないでしょうか。塗り壁はセメントモルタルや土壁で、他にはない高級感のある家になります。
最後に羽目板ですが、スギやヒノキの素材を利用した外壁です。以上のように6種類の外壁から選ぶことが出来ます。選び方は人それぞれですが、一般的な木造住宅であれば、窯業系サイディングが多いようです。窯業系サイディングは、バリエーションも多いのが特徴ですが、耐久性という面で見ると、ALCやタイルが優れています。

とどのつまり、いったいどの外壁がよいのでしょうか。選び方はそれぞれ、建築する家にマッチした外壁を選んだほうがよいということです。つまりそれぞれのメリットやデメリットを理解して、検討を重ねながら、最後は自分で考えて決断をするということになります。
そして素材以外にも、色選びも大切ではないでしょうか。汚れが目立つ色は極力避けたいものです。高級感があり、おしゃれでなおかつ耐久性があり、コスパがよいものを選びたいものですが、なかなかそこまで条件がそろったものを探すのは難しいかもしれません。
どの素材を選んでも定期的なメンテナンスは必要になりますし、新築から解体までメンテナンスが必要のない素材はないでしょう。ただできれば、コストパフォーマンスを重視した選び方をしたほうがよいでしょう。最終的な決断は家主にかかっています。

関連記事
noimg
屋根にはいくつも種類がある!選ぶ際のポイントとは

普段は家の屋根を意識することはないでしょう。他人の家を観察することはあっても、屋根まで目が届かないからです。外壁等は目に留まりますが、3階建...

記事を読む

noimg
注文住宅の予算を決定する資金計画の立て方

注文住宅を建設するうえで、最も気になることの一つである資金計画ですが、どのようにすればよいのでしょうか。住宅は一生のうちにいくつも建てるわけ...

記事を読む

新築の設計書と電卓
注文住宅では値引き交渉は可能?!

注文住宅を建てるのは人生で一度きりです。お金持ちであれば投資用不動産等を購入して、何回か建設することもあるかもしれません。ですが一般的な人で...

記事を読む

新築の家
ローコスト住宅とは?メリット・デメリットなど解説

ややくどいかもしれませんが、マイホームは人生で一番高い買い物です。出来るだけローコストで建てたいという思いを抱く人は多いかもしれません。その...

記事を読む

手に家のミニチュアを持つ人
注文住宅の契約解除には違約金が発生する?

お店などで購入した商品を、何らかの理由で返品することがあります。それは意外とたやすく店の人も受け入れてくれることが多いです。では、注文住宅で...

記事を読む

noimg
注文住宅の打ち合わせ!流れ・期間・注意点

注文住宅を建てる場合には打ち合わせが必ず必要になります。なにせ一生で一番高い買い物ですから、適当にハウスメーカーにお任せするわけにはいきませ...

記事を読む